目安にすると良いこと|高スペックの給湯器を選びたいならランキングをチェック

高スペックの給湯器を選びたいならランキングをチェック

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

目安にすると良いこと

給湯器

給湯器を使用しているご家庭も多いのでしょうが、意外と迷うのがその交換時期で、まだ使えるのに取り替えてしまうのはもったいないです。だからと言って、本来なら給湯器の交換時期を迎えているのに、気がつかずに使っていると事故を起こすこともあるため、正しい知識を身につけておきたいものです。基本的に、給湯器は普通に使っているのであれば、十年は交換しなくても問題はありません。中にはシャワーだけでなく、食器を洗うために、夏場にお湯を出しているなど、頻繁に可動させていたとしても、その程度なら気にする必要はないでしょう。ただし、使うたびにお湯の温度が違うというのであれば、仮に設置してから十年経っていなかったとしても、給湯器の交換のタイミングです。

長く同じ給湯器を使っていると、その変化がわからないというのはよくあることで、それが交換の時期を逸してしまう原因とも言えます。その代表的なものが音で、徐々に大きくなっているのは何かしらのサインだと考えて間違いないでしょう。しかし、毎日使っている家の人では判断が難しいため、遊びに来た友人や親戚に聞いてもらうのは良い方法です。明らかに冷たいというのであれば、誰でも給湯器の交換をするのですが、温度がぬるい場合は、慣れてくるとこんなものかと感じてしまうため、一番高い温度にしてみて、触れられないほどまで上げられるかどうかを確認してみましょう。まれに煙が出ることもあるのですが、一瞬だと大したことがないと放置してしまいがちです。黒いものが見えたらすぐに使用を中止して、給湯器の交換業者を呼ぶようにしましょう。